社会福祉法人栃木老人ホーム 養護老人ホーム あずさの里ホームページ゙
沿 革
  当ホームは明治34年(1901年)に設立された施設であり、
養護老人ホームでは全国で3番目に歴史のある施設となります。
   

明治34年4月15日 平岩幸吉氏及び同氏の趣意に賛同した栃木町の婦人
            篤志家86人、小山町の婦人篤志家2人が発起人となり
            栃木町沼和田町26番地に「栃木婦人協会」を設立
            老衰者(養老事業)や不具(身体障害者)廃疾者
            (治らない病気)の収容あるいは家庭救済(生活扶助)・
            施設救療(医療扶助)などの慈善事業を開始する。
明治38年      託児所を開設
    明治39年12月    栃木町に女囚監獄署が設置されると同時に、婦人
            受刑者の乳児や所内出産時の養育を開始
   
    大正6年12月    老人収容の必要性から栃木町沼和田町442番地に移転    
    大正12年9月1日  関東大震災発生
            東京、横浜からの避難民に宿舎を提供し、1週間で
            延べ250人を保護
   
    昭和5年12月     皇后陛下から金一封を賜る。    
  昭和9年11月     「侍従御差遣」を受ける。    
  昭和11年4月     栃木婦人協会を栃木婦人協会養老院と改称    
  昭和22年8月     生活保護法(旧法)に基づく保護施設として認可
            同時に栃木婦人協会養老院に改称
            また、保護室・炊事場・洗濯場・職員宿舎建設し収容定員
            100人に改める。
   
  昭和25年2月     財団法人栃木養老院と改組    
  昭和27年5月     社会福祉法人栃木養老院と改組    
  昭和27年9月    高松宮殿下、同妃殿下ご視察    
  昭和28年12月    昭和天皇から歳末お見舞金を賜る。    
  昭和38年8月    生活保護法の保護施設から老人福祉法の養護老人ホーム
            施設となる。
   
  昭和43年7月    栃木養老院の移転を決定    
  昭和45年6月    社会福祉法人栃木養老院を栃木老人ホームに改称    
昭和46年12月-昭和47年12月
                         移転新築工事施工
  昭和60年12月    栃木市と在宅老人短期保護事業契約を締結
            ショートステイの受入を開始
   
  平成7年        地域交流事業に着手    
  平成8年       ボランティア団体「あずさ会」発足    
  平成13年4月15日 創立100週年記念式典を開催
                          「社会福祉法人栃木老人ホーム100年史」発行
   
平成17年12月-平成18年3月
            日本財団の助成を受け、老朽化した施設の大規模修繕
            及び改造工事施工
  平成18年7月     新たに養護老人ホームに介護制度が適用されたのをはじめ、
             入所措置基準の改正等、新型養護老人ホームの時代に 的確
            に対処するため、県内では最初に「外部介護サービス」を導入
             また、施設名を「養護老人ホーム栃木老人ホーム」から親しみ
             の感じられる「養護老人ホームあずさの里」に名称変更
   
平成20年7月      訪問介護浴室整備
  平成20年8月1日    「養護老人ホームあずさの里(特定施設)」及び
            「訪問介護事業所あずさの里」を開設
   
平成23年4月15日 「創立110周年記念誌(この10年)笑顔と満足を求めて」発行
  平成26年8月1日   「特定施設入居者生活介護事業所」及び「訪問介護事業所」
            の認可を更新
   
    平成30年4月1日   「介護予防・日常生活支援総合事業指定事業所(訪問介護相当サービス)」
            の認可を受ける。
   
         

社会福祉法人 栃木老人ホーム 養護老人ホーム あずさの里
〒328-0131 栃木県栃木市梓町455-27
tel:0282-31-0202 fax:0282-31-3035
E-mail:は
こちら